温泉情報のページへようこそ。
日本人が大好きな温泉!温泉には大きく分けて9つの泉質があるのをご存知ですか?それぞれ、特徴や効能に違いがあります。目的やお好みで温泉を選んでみるのも楽しいですね。

温泉の泉質と効能について

  1. 二酸化炭素泉
    炭酸ガス成分が溶けて気泡が出るのが特徴。低温だが保温性が高く、血行促進に効果が期待できる。飲泉すると食欲増進効果があるといわれています。
  2. 硫黄泉
    硫化水素ガスのにおいと湯の花が特徴の温泉。抹消血管拡張し、お肌をなめらかにしてくれます。
  3. 硫酸塩泉
    酸素を血液に多く送る作用があり、動脈硬化予防や保温効果があるといわれています。飲泉で慢性便秘の改善や胆汁の分泌を促します。
  4. 炭酸水素塩泉
    皮膚の清浄作用や入浴後の清涼感があり、お肌がなめらかに。飲泉すると、通風や慢性胃潰瘍、十二指腸潰瘍に良いといわれています。
  5. 単純温泉
    日本全国で最も多いおなじみの泉質ですが、名湯といわれるものはだいたい、この単純温泉だったりします。効能も様々です。
  6. 塩化物泉
    海水に似た食塩を含む温泉。塩分が汗の蒸発を防ぐため、保温効果が高いのが特徴です。
  7. 含鉄泉
    鉄分を含んでおり、空気に触れると無色から褐色に変化します。入浴・飲泉ともに貧血を改善するといわれており、女性にはうれしい温泉。
  8. 酸性泉
    酸性が強く、殺菌効果が高いため水虫に有効といわれています。お肌がデリケートな方は入浴後、真水で洗うといいでしょう。
  9. 放射能泉
    ラジウム泉、ラドン泉ともいわれ、微量の放射能を含んでいます。体内の尿酸を尿として排出するのを助けるため、通風や神経痛に効果が期待できます。吸入も効果的といわれています。

温泉に浸かると肩こりや日頃の疲れが取れますね。
事務やホームページ制作などは、一日中PCの前に座っているので、そういった症状がよく体に現れてしまいます。
私のホームページ制作を大阪で行っている友人も、体の症状がでてくれば、温泉につかって体をほぐすということを、定期的に行っているそうです。
また、建設会社に勤めている友人は、現場などで怪我をしたりすることも多く、そういったときには、温泉に浸かって傷を癒したりするそうです。もちろん、怪我のときの安心として工事保険にも加入は、しているそうです。
日本は温泉の王国なので、全国各地に温泉があります。例えば日本の最北、北海道にも温泉地はたくさんあります。温泉目的で、北海道旅行に格安で参加するのもいいかもしれないですね〜。
最近では東京のオフィス街の大手町で温泉が出ましたよね!オフィス棟と宿泊施設棟の建設がされていて、2016年春に完成予定ということです。もちろん温泉を利用!これは東京旅行に格安で参加するっきゃないですね!
私は九州旅行で由布院に行きましたが、源泉な豊富な九州のお湯はやわらかく、とても気持ちが良かったです♪ どんどん南下していって、各地のいろいろな種類の温泉に、ぜひ浸かってみてください!

ページの先頭に戻る

c温泉情報 All rights reserved.